サイパンとダイビングについての質問集

サイパンやダイビングについての質問集

ご不明な点はお気軽にお問合せくださいませ!

ダイビング全般について

1.サイパンのお天気はどうですか?

一日のうちでもコロコロと変わるサイパンのお天気ですのでなんとも言いがたいですが、基本的にはほぼ晴れています。 インターネットの天気予報はスコールも含めて雨マークが入っていることも多いですが、実際には20分くらい雨で他はずうっと晴れなんて事も良くあります。 毎日のブログなども是非ご参考にして見てください。

ダイビング全般トップへ戻る

2.サイパンのベストシーズンはいつですか?

一年中暖かくダイビングもできるサイパンですが、ベストシーズンと言われるのは5月から7月です。波が無く鏡のような水面をボートが滑るように走るなんていう日が続きます。 北部の夏季限定ポイントもこの時期ならではです。陸上もお花がたくさん咲いてカラフルですし、マンゴーもこの季節なら食べ放題ですよ。 ただ、冬でも水温は27度ありますのでばっちりリゾートダイブです。サイパンのシーズナリティページなども是非ご参考にして見てください。

ダイビング全般トップへ戻る

3.何メートルくらい潜れるの?

体験ダイビングは最大深度12mと決められています。皆様の水慣れが問題ないようでしたらボートダイブでは10mを超えて潜る事もできますよ。 ライセンスコースでは初日は12メートルまで、2日目は18メートルまでと決められています。もちろん、まだ怖いのに深い所には行きませんよ。少しずつ慣れていってください。

ダイビング全般トップへ戻る

4.参加条件はありますか?

どのダイビングコースも10歳以上の健康の方でしたらご参加いただけます。(キッズ体験ダイビングは8歳以上) 喘息や気胸などの呼吸器や心臓血液などの循環器に過去にでも疾患があった方はご参加いただけない場合もございますので、 病歴チェック表を必ずご確認ください。また、レスキューコースは経験本数20本以上、ダイブマスターコースは60本以上が必要です。

ダイビング全般トップへ戻る

5.ダイビングができない持病はありますか?

ダイビング中に危険が伴うと思われる病気はいくつかあります。狭心症、心筋梗塞、不整脈、高血圧、喘息や気胸などが上げられます。 いずれにしても持病がある方は専門の医師に相談してからご参加を検討してください。ダイビングに詳しい専門医のご紹介もできますのでお問合せ下さいませ。

ダイビング全般トップへ戻る

6.体調不良や生理の時は潜れますか?

潜れないことはございません。ただ、お薬を服用してのダイビングはできない場合がほとんどですので無理の無い範囲でご参加ください。 生理については時期をずらすお薬は服用してのダイビングが可能ですのでご利用いただいたり、当日でも体調に無理が無い範囲でしたらダイビングすることは可能です。 胃薬、漢方、ビタミン剤などは服用してのご参加が可能と言われています。

ダイビング全般トップへ戻る

7.目が悪いですけどコンタクトレンズは大丈夫ですか?

各コースともコンタクトレンズをつけてのご参加は可能です。絶対になくならないといことはございませんので、使い捨てのレンズのご使用をお勧め致します。 ライセンスコースでは、コース内のスキルに水中でマスクをはずして付け直すという練習があり、少しでも不安がある場合はコンタクトレンズをはずし、 度付マスクでのご参加をお勧めする場合がございます。レンタルマスクにも度付きの物があり、強度の乱視でなければ視力0.1以下の方でも矯正することができます。

ダイビング全般トップへ戻る

8.体力に自信が無い、泳げないんですけど大丈夫ですか?

ダイビングにはスポーツ選手のような運動神経は必要ありません。ゆったりとあせらず水中で過ごすための水中世界への慣れや、 のんびり泳ぐためにフィンを有効に使う方法などをしっかりと練習してみてください。 重たいタンクを背負って歩くのが心配な方はボートダイビングがお勧めです。 70歳を超えた方も楽しそうに潜っていらっしゃいますよ!

ダイビング全般トップへ戻る

9.一人でも大丈夫ですか?

お一人のご参加でも全く問題ありません。少し不安かもしれませんが、一緒にダイビングすることで出会える方も多くいらっしゃいますし、 ダイビング仲間もどんどん増えていきます。実際にお1人でいらしている方もたくさんいらっしゃいます。 ご安心くださいませ。例外として、ナイトダイブは最少催行人数が2名様ですのでお気をつけ下さい。

ダイビング全般トップへ戻る

10.子供が一緒です。託児所はありますか?

当店には託児所は併設されておりませんが、サイパン内の託児施設を御紹介することが出来ます。遠慮なくお問い合わせくださいませ。 ハイアット、PIC、ワールドリゾートホテルではキッズクラブが開催されており、お子様を半日遊ばせてその間にダイビングにご参加いただく事もできます。 また、お父様とお母様で午前、午後順番にダイビング、お店周辺のビーチやプールで遊んでお待ちいただくことも可能です。

ダイビング全般トップへ戻る

11.お昼ごはんはどうしますか?

毎朝ご集合頂いた後にランチのご注文をお伺いしております。お弁当は$10で、お支払いはダイビングの最終日にまとめてお支払いいただいております。 お店の隣のレストランでとりますので箱入りのお弁当ではなく温かいご昼食になります。もちろん皆様ご自身でご用意いただいても大丈夫です。

ダイビング全般トップへ戻る

12.お会計方法は?

現金(アメリカドル)、トラベラーズチェック(アメリカドル)がご利用いただけます。 日本円はご利用いただけません。ご注意下さいませ。現金でのお支払いはダイビングが終了した後お店で、銀行振り込みはサイパンへいらっしゃる前にお願い致します。

クレジットカードは原則ご利用頂けませんが、金額不足などの場合はクレジットカード価格(表示価格+5%)での御精算となります。

ダイビング全般トップへ戻る

体験ダイビングについて

1.初めてですごく心配です。

当店の体験ダイビングはプールの練習もあり、初めての方でも自信を持ってオススメできる体験ダイビングです。 体験ダイビングは始めての方がほとんどです。最初はドキドキしているのがこちらからもわかりますが、 プールでしっかりと練習もしますので、海でのダイビングは皆様安心して楽しむことが出来ますよ。

体験ダイビングトップへ戻る

2.何度か体験ダイビング経験がありますが深い場所に潜ることができますか?

はい、ボートでの体験ダイビングや、2ビーチダイビングの2本目などはライセンスを持っている方でも十分楽しめるポイントです。 逆に1ビーチダイビングだけですと物足りないかもしれません。なお、体験ダイビングでは最大深度12メートルと決められています。

体験ダイビングトップへ戻る

3.一緒に行く友達はライセンスを持っています。一緒に潜れますか?。

はい、一緒に潜ることができます。この場合、安全のためライセンスをお持ちの方が体験ダイビングにご参加いただいています。 ボートダイブ、ビーチダイブどちらのコースでも2ダイブコースにご参加頂ければ、ライセンスをお持ちの方も充分にお楽しみいただけると思いますよ。 2ダイブとも深い場所での開催も可能です。是非お問合せくださいませ。

体験ダイビングトップへ戻る

4.グロットに潜れますか?

グロットは洞窟という特別な地形のため、安全規定により体験ダイビングでは潜ることができません。 スノーケリングでならご参加いただけますので、体験ダイビングとあわせて是非ご参加ください。 グロットスノーケリングのご紹介ページ

体験ダイビングトップへ戻る

ライセンスコースについて

1.泳げなくても大丈夫ですか?

競泳選手のように速く泳げる必要は全くありません。水への恐怖心が大きい方は時間をかけてゆっくりと慣れていきましょう。 ダイビングでは呼吸が確保されているので息継ぎをする必要がありません。また、大きなフィンもつけますので水泳では進めない方もダイビングでは優雅に水中を泳ぐことができます。 フィンの使い方も講習中はたくさん練習して行きますよ。

ライセンスコーストップへ戻る

2.指導団体(PADI)ってなんですか?

ダイビングをする上で必要な知識や技術を開発したり、ダイビングのルールを決める団体の事です。 世界には様々な指導団体がありますが、初級講習の内容はおおよそ全ての指導団体で一致しています。『この団体のライセンスでは潜れないんです。』ということはありません。 S2CLUBで取得するライセンスは世界中で最も認知度の高いPADIのライセンスになります。

ライセンスコーストップへ戻る

3.一緒に行く友達はライセンスを持っています。付き添いで一緒に潜れますか?

はい、一緒に潜ることができます。ライセンスコースは通常ビーチダイブでの開催となりますので、お友達もビーチでのファンダイブという形でご予約いただき、お付き添いで潜ることができます。 もちろん、初日は別行動、2日目は一緒に潜ったり、ライセンスコースをボートダイブに変更して一緒に潜ったりすることも可能でございます。 ご希望を遠慮なくお申し付け下さいませ。

ライセンスコーストップへ戻る

4.ライセンスが取れない場合ってありますか?

ご旅行日程中にライセンスを取ることができない状況は、台風などによる海洋状況不良でダイビング自体ができない場合と、 皆様の体調不良でご参加いただけない場合がございます。特に皆様体調はしっかりと整えていらして下さい。初めての事をたくさん行うライセンス講習は体力を使うことももちろん、 寝不足は耳抜きがスムーズにできなくなる原因にもなります。

万が一ライセンスコースが終了できなかった場合は、終了した部分までの終了証明書をお渡しします。1年以内でしたら続きから講習ができます。 また、料金については、インターネットからお申し込みの場合は終了箇所までの料金をお支払いいただき、旅行会社からのご予約の場合はご帰国後お申し込みになった各旅行会社へお問合せいただきます。

ライセンスコーストップへ戻る

ファンダイビングについて

1.ブランクがあって心配です。

ブランクのある方、またそれ以外にも心配な事がある方にはプールでのリフレッシュコースからの参加をお願いしております。 安心して潜ることができるようにじっくりと復習をして心から安心してダイビングへご参加ください。リフレッシュコース紹介ページ また、本当に大きな不安のある方はスタッフチャーター(貸切)コースもございます。

ファンダイビングトップへ戻る

2.グロットに潜りたいです。制限はありますか?

ライセンスをお持ちの方でしたらどなたでもグロットに潜ることが可能です。 安全のため、経験本数20本未満の方は洞窟内、内海コースでご案内しております。 また、1本目のダイビングでは無く、2本目以降のダイビングでグロットへ潜ることとさせていただいております。 グロットの安全についてのご案内

ファンダイビングトップへ戻る

3.夜中に着いて朝からのダイビングは体調が心配です。

ビーチダイブ、ボートダイブとも午後から2ボートダイブのコースもご用意いたしております。 ご予約時にご相談くださいませ。寝不足でのご参加は耳抜きもしづらく、船酔いも心配です。 体調良く安心して楽しんでいただくため、できる限りのご協力をさせていただきますのでお気軽にお問合せ下さいませ。

ファンダイビングトップへ戻る

4.1チーム何人ですか?

通常1チーム2名から4名、最大で6名とさせていただいております。皆様のスキル、目的別にチーム編成を決定致しております。 当日では対応できかねることもありますので、ご希望などは事前に遠慮なくご相談ください。

ファンダイビングトップへ戻る

5.潜りたいポイントがあります。

はい、是非ご希望のポイントに潜りましょう!事前にご相談いただければほぼご希望に沿う形でご予約を承ります。 良くお伺いされるご希望です。
【グロットやテニアン】12月から2月は潜れない日も多くあります。【沈船や飛行機】5月から10月は透明度が落ちてしまう日が多いです。 【マダラトビエイ】群れを狙うのであれば11月から3月頃。

ファンダイビングトップへ戻る

ステップアップコースについて

1.学科講習はありますか?。

アドバンスコースは事前学習があり、教科書内のレポートを提出していただきます。レスキューコース、ダイブマスターコースは事前学習後、サイパンで学科テストがあります。 どちらも事前予習がしっかりしていれば問題なく合格できると思います。スペシャリティコースは学科はございません。

ステップアップコーストップへ戻る

2.ライセンスカードがもらえるんですか?

はい、一つずつのコースに一枚のライセンスカードがそれぞれ発行されます。たくさんのカードをログブックにはさむのもかっこ良いかもしれませんね!

ステップアップコーストップへ戻る

3.インストラクターになりたいです。

オープンウォーター、アドバンス、レスキューを取得後、ダイブマスターコースにご参加いただけます。 こちらがプロの第一歩。ここまでは弊社で開催することが可能です。次のインストラクターコースはサイパンでは一年に約二回インストラクターコースが開催されていますので、 お問合せ下さいませ。

ステップアップコーストップへ戻る

マリンスポーツについて

1.送迎はついてますか?

はい、スノーケルツアーにご参加の場合のもホテルへの送迎が料金に含まれます。

マリンスポーツトップへ戻る

2.目の前のビーチからマニャガハ島に行けますか?

残念ながらいけません。当店でご予約頂いたマニャガハ島への送迎は、ホテルから車でガラパン地区付近の港へ行き、 そこからボートで10分程度でマニャガハ島に到着致します。お泊りのホテルのビーチのマリンスポーツカウンターからでしたら、 ホテルのビーチから直接マニャガハ島への送迎を開催しているお店もあるかもしれません。

マリンスポーツトップへ戻る

3.スノーケリングはどんな場所で行いますか?

ボートでのスノーケリングは皆様のご希望をお伺いして当日場所を決めています。 浅くて魚がたくさんいる場所や、深くて青い海が見られる場所、カメが狙える場所などございますので 遠慮なくご希望お申し付け下さいませ。なお、グロットでのスノーケリングはお魚観察よりも洞窟と海の青さを見に行くイメージです。 もちろんライフジャケットを着用しますが、足が立つ場所はございません。

マリンスポーツトップへ戻る