石垣島店セーフティダイビング

石垣島店・安全についてのご案内

安全第一!ダイビングの基本です

安全第一

ダイビングは安全があってこそ楽しめるスポーツです。
石垣島店でも『安全第一』で皆様をサポート致します。

ダイビングは自己管理のスポーツと言われています。皆様ももう一度しっかりとダイビングのルールを確認して頂き、 石垣島へのダイビング旅行を楽しい思い出にして下さいね!

また、マンタ観察のルールも厳しく決まっています。マンタがいつまでも石垣島にいてくれるようご協力お願いします!

ダイビング中の安全器材

シグナルフロート 緊急用酸素

全スタッフがダイビング中、シグナルフロートをはじめセーフティグッズを必ず携帯し、万が一の漂流などに備えます。

また、DAN社製のダイビング用緊急酸素キットも必ずボート上に装備し、減圧症などのダイビング事故に対しても対応可能な準備を致します。

ダイビングスタッフのトレーニング

ダイビングスタッフトレーニング

安全にダイビングをするためのダイビングスタッフトレーニングを開催し、スキルの確認をすることはもちろん、安全に関するダイビングスタッフの意識も高めます。

S2CLUBグループ内自社スタッフにDAN酸素プロバイダーインストラクターを有し、安全に関する情報も常にアップデートしています。

ダイビングスタッフとお客様による安全管理

『ダイビングは自己管理のスポーツです』

初級ライセンスコースで伝えられるこの理念ですが、ガイドダイビングが主流の石垣島ではどうしてもスタッフへの安全の依存度が高くなりがちなことは否めません。

ただ、以下の6項目についてはダイビングスタッフはもちろん、皆様もダイビングをする際には守って頂くお願いをS2CLUB石垣島店では致しております。

1. 当日の体調と自分のスキルを把握し、無理の無いダイビングをしましょう。

2. 使用するダイビング器材が正確に作動するか、ダイビング前に確認しましょう。

3. 空気残圧が80気圧になった時にはインストラクターに伝えましょう。

4. ダイビング中、ダイビング前にはバディさん同士のコミュニケーションをとりましょう。

5. 浮上は1分間に10m程度のスピードでゆっくりと行いましょう。

6. 緊急時の対処方法をダイビング前に確認しましょう。

マンタポイントのルールについて

マンタポイントには、マンタを観察するにあたって3つのルールがあります。

1.決してマンタを追いかけないで下さい。

2.マンタに触らないで下さい。

3.マンタを観察する時は着底し、姿勢を低くして観察してください。

この3つのルールを守り、インストラクターの指示に従いマンタウォッチを楽しみましょう!
いつまでもマンタが石垣島にいてくれるようにご協力お願いします。

お電話でお気軽にお問合せ下さいませ。TEL:0980-87-0991

お問合せフォーム

石垣島店MAP

〒907-0332 石垣市伊原間79 営業時間:8時-18時 年中無休